!OpenHackDay
Yahoo Japan!でやっていたOpenHackDayについて 忘れないうちに記録

http://yhacks.jp/hackday/

USTREAM 見るべき! 僕らは HackID11番 00:33:00 くらいからです! デモも写ってるので是非見てみてください!
http://www.ustream.tv/recorded/29378431

!なにつくったの?
{{twitpic c4qf4x}}
Pico Universe (ピコユニバース)
未来的なUIを作ってみよう! ということで、 iPadやiPhoneで動く超イケてる画面のブラウザを作成しました。

!参加チーム
「アイツに差をつける会」
会社の同期のデザイナーとエンジニアがいい感じにやってる勉強会の通称です。
今回はこの会のメンバーから5人が選手として参加しました

- @ina_ani
-- わたし フロントJavaScript担当
-- 3Dとか
-- 結合
- @yunko0128
-- 首謀者
-- 総合デザイン
-- 素材作成
- @Yeshi
-- yunko0128と僕との通訳。 JavaScriptでメニューを作ったり CSSスニペットでいい感じの部品を作成
- @A_r_a_y_a
-- node.js全般
-- ファシリテート
-- 素晴らしいプレゼン資料を作成
- @kuidaoring
-- 高機能雑用 (褒め言葉)
-- 僕の書いた汚いJSを読む
-- 各種APIのプロキシ、惑星への貼付け
-- Twitterの星の開発
-- 環境構築

!開発記録
苦労話を記録します。

!!結成
- yunko0128がいつもの唐突な感じでHackDay参加を持ちかけてくる
- いつもと違うメンバーも楽しいかなという事で参加を決意

!!OpenHackConference
- うちゅうやべぇ
- C4SAやIDCフロンティアのサーバが使えるのか!

!!会議
- 飲み屋で打ち合わせ
- kuidaoringが素晴らしい端末さばき
- ホッケの話で盛り上がる (プロジェクト名はホッケとなりました)
- かっこいい未来的なUIを作りたい! という案が出る
- 80年代の人が考えた未来のUIみたいな
- 攻殻機動隊、東のエデン、電脳コイル とかとか
-- とりあえず攻殻機動隊をみるんだ!
- 電話のAPIも面白いことできそうだよなー
- 飛び道具的な発表もやってみたいが、、、

→  かっこいいUIに決定

!!調査
- 3Dとかどうやったら出来るんだろう?
- なんだろう かっこいいUIって?

!!1日目
- 土曜日 朝9時 すでにして辛い
- 環境整備
- C4SAはデザイナでも簡単にupできていいね!
- nodeが使いたいのでそっちはIDCフロンティアのサーバに用意
- sshが使えるのでエンジニア陣はIDCの方で作業することに
- たたきで3Dに四角形がひっつけて見たやつを作って議論
- そもそも何を表示するんだっけ? 
- 出来ることとできないことの整理
- あ、 3Dにした弊害でどうしても動かないところがある!!!!
- ライブラリを交換してみる → 球が作れない
- 作戦変更会議
-- 球なのがまずい 柱とかどうだろうか?
-- 宇宙ではない世界観をどうするか、、、

- コンセプトからあやしい状態で帰る羽目に、、、 心配

!!2日目
- あ、やっぱり球でできた
-- 当初のコンセプトで
- 調子に乗って開発
- バックエンドとの結合、 楽天APIからの情報がなんとか表示される
- 複数の惑星をピョンピョン飛び跳ねる実装
- node.jsとの結合 ユーザの情報が同期出来るように
- 素材結合
-- いい感じ!!
- メニューを綺麗に
- Twitterの惑星を作る
- 結合 (僕のソースコードが汚すぎてkuidaoringに怒られるw)
- iPhoneでもいい感じに動くことを発見
-- デモに織り交ぜよう
- 細かいUIの調整
- プレゼンの準備、 発表の流れの確認

!!発表
- 90秒用のテキストをおこして、何回か練習
- 割と順調に発表できた
- 全部の発表を見ました!

- で、 なんと最優秀賞をいただきました!!!!
-- いままで何回もHackDayに出たのに一度も取れてなかった賞をついに!! いただくことができました。すげーうれしい!

!!今後
ちょっとデモが出来るぎりぎりの出来なのでいい感じに直して皆さんの見えるところに置きたいなー と考えています。 少々お待ちください!


!!感想
HackDayはOpenになる前から常連的に出てました。今回はデザインできる方と一緒のチームだったので、スキルセットに合わせて、こんな感じの作品にしてみました。

デザインがすごく評価されるようなものになりましたが、その裏には3Dを早くする裏技的手法やiPadの絶妙な仕様を回避する努力があるんだよーってこともいつか伝えられるといいなぁ と思いました。

日頃からこんなの作りたい!ってのがたくさんある僕にとってHackDayはとても楽しいイベントです。引き続きやっていくとのことなので今後も精進していきたいと思います。

僕一人だとアルゴリズムを作って、動作確認をして大体20%くらいのところで終了ってところだけれども、デザインできる人やプロダクトとしての完成度を求める人と一緒にやると、残りの80%も埋めなきゃ!ってなって、結果他の人にも何をやっているかわかるところまで進めることができました。
やっぱ、新しい技術ってだけではダメで、それを使って何が出来るか?ってところまでつくって見せるってのが大事なんだなぁと思った次第

あと、やっぱり数学力が足りん、、

!!反省
- もうちょっと技術調査をしてから取り掛かりたかった
- サービスの切り口からの自然なアプローチをもうすこしやってみたかった
- メンバーのスキルセットと上手くマッチしたプロダクトを作ることができた
-- 欲を言えばもう少し最適化できないか? デザイナーはエンジニアが作ってる時は暇してたし、結合のタイミングでは僕以外は手を止める必要があったりした






5643382
wiki
1361551945